金子賢の食事内容は規格外!?実際に使っている食材やメニューをご紹介!

ドラゴンボールの孫悟空のように、体にブロックがくっついているような肉体を持っている金子賢さん。

その肉体はどのような食事から生まれてきているのでしょうか?

私達が普段取っているよな食事内容と違うということは言われなくてもわらると思いますが、金子賢さんの食事内容を調べてみると驚きの連発だったんです。

金子賢さんが何を食べて何を食べていないのか。

それを真似すれば金子賢さんのような肉体を手に入れるための一歩を踏み出せるはずです。

もちろんトレーニングも必要ですが、金子賢さん曰く食事法の方が大切とのこと。

この記事では金子賢さんの普段の食事から外食まで、食事内容を全てお伝えしていきます。

あなたの肉体を食事から変えていくために参考にしながら読み進めてみてください。

金子賢はサプリも使ってバッキバキ?!食事に合わせた秘密のHMBサプリはコチラ!

金子賢の日頃の食事メニュー

ステーキ1

まずは最も重要な金子賢さんの食事メニューの3原則をお伝えします。

金子賢さんの食事メニューの3原則は、『高タンパク質・低糖質・低脂肪』です。

この3原則は金子賢さんの食事法の根幹となる部分なのでこの3原則だけでもぜひ覚えておいてください。

金子賢さんの食事メニュー3原則を意識して特徴的な食事メニューは朝から始まります。

例えば朝食は次のようなメニュー。

  • りんご
  • バナナ
  • おにぎり
  • プロテイン

このような朝食を食べている人は日本にどれだけいるでしょうか。

徹底して『高タンパク質・低糖質・低脂肪』が守られています。

低糖質ということなので炭水化物を全く取らないというわけではありません。

金子賢さんは動くのに必要な分だけの炭水化物は摂取されているようです。

そして、昼食は次のようなメニュー。

  • 白身オムレツ
  • ササミとワカメのサラダ
  • 大根とツナのサラダ
  • 鶏のもも肉
  • 玄米
  • プロテイン

当然のようにお昼にもプロテインが出てきます。

そして、卵・ササミ・ツナ・鶏もも肉のようにタンパク質のオンパレード。

お米も白米ではなく玄米を選んで多種多様な栄養素を摂取できるように工夫されています。

この食事メニューの中でも金子賢さんお気に入りなのが”ササミ”。

金子賢さんの代名詞の1つと言っても過言ではないササミは、ほぼ毎日食べられているようです。

ササミは低カロリー・高タンパク質なのでボディビルダーやアスリートにも人気の食材ですが、金子賢さんも鶏を4・5千羽分は食べたと言っているほどササミを食べています。

昼食も朝食に続いて食事メニューの3原則が徹底されていましたが、夕食はどうなのでしょうか?

夕食のメニューは次の通り。

  • 鶏むね肉
  • 馬肉
  • ツナや海藻のサラダ

夜になってもタンパク質”愛”は相変わらずです。

むしろ朝食から夕食になるに連れてお肉やお魚のタンパク質の量が増えています。

ここでも徹底して『高タンパク質・低糖質・低糖質』。

しかも金子賢さんは食事内容をほとんど変えずに、無限ループのように同じ食事を取り続けているとのこと。

3食全てを通して食事のメニューの3原則が適用されていることをわかっていただけたと思います。

さらに、金子賢さんがササミと同じくらいお気に入りの食材がもう一つあることを見つけたのでご紹介しておきます。

金子賢の食事ではラム肉が大活躍!?

ラムチョップ

ラム肉は金子賢さんのブログの中でも頻繁に出てくるほど、体を作り上げる上で重要な食材となっています。

金子賢さんがラム肉を愛食している理由は次の3つ。

  • 高タンパク質
  • 低カロリー
  • カルニチン高配合

金子賢さんがほぼ毎日食べているササミと違うのは、カルニチンが多く含まれていることです。

カルニチンには脂肪燃焼効果があると言われているため、金子賢さんも体型維持のために食べていると公言しています。

そして、特に金子賢さんが好んで食べるのはラム肉の中でも赤身の部分。

さらに、トレーニング前に食べることが多いようです。

ラム肉を鶏肉や豚肉のように頻繁に食べる人は少ないと思いますが、今日を機にラム肉を食事のメニューに取り入れてみてはどうでしょか?

金子賢って外食では何を食べてる?

ステーキ2

金子賢さんは夕食・夜食は外で食べることが多いようです。

その外食での食事内容は次の通り。

  • ふぐ
  • 牛ステーキ
  • すっぽん鍋

外食でも相変わらずタンパク質攻めです。

牛ステーキは1回の食事で450gも食べられるようです。

牛ステーキ450gなんて一般男性では絶対に食べ切れる量ではありません。

また、ふぐやすっぽん鍋など、外食だからこそ食べることができるものも好んで食べられています。

あなたも外食をするときに、タンパク質縛りをして筋肉を育ててみるのもありかも知れません。

まとめ

百獣の王なみにお肉を食べている金子賢さんですが、金子賢はボディビル大会で優勝経験あり!?大会での実績や肉体美を公開!でもご紹介したように、名だたる大会で素晴らしい成績を残されています。

金子賢さんの食事法を真似してトレーニングを積み重ねることで、あなたもボディビル大会に出場できる?レベルの肉体を手に入れることができるかも知れません。

もちろん、大会で好成績を残すことは簡単なことではありませんが、今回お伝えした食事法を取り入れることで筋肉が肥大することはほぼ間違いないでしょう。

特にササミは金子賢さんが超オススメされていますし値段も安いので比較的簡単に食事メニューに取り入れることができると思います。

また、高タンパク質だけでなく低糖質・低脂肪も意識することで、今よりもスリムで引き締まった肉体になるはず。

今晩の食事から食事メニューの3原則『高タンパク質・低糖質・低脂肪』を意識してみてはでょうでしょうか?

筋肉, 金子賢の関連記事
  • HMBの口コミと体験談を徹底調査!HMBって実はヤバイ!?
  • Aya監修のHMBサプリでは痩せられない!?効果や評判を徹底検証!
  • HMBサプリはあの有名スポーツ選手も愛用!?プロも認める商品をご紹介!
  • HMBサプリとプロテインの違いは猿でもわかる!?どっちを選ぶべきなのかもお伝えします!
  • HMBサプリの価格を徹底調査!やってはいけないコスパ最悪な3つの〇〇を紹介!
  • HMBサプリの副作用は?飲む前に読む、HMBサプリの3つの危険性
おすすめの記事